植匠庭園(うえしょうていえん)


 

庭園管理 宅地の草刈り 植木剪定 伐採 病害虫駆除 マンション、店舗、企業の緑地管理の「植匠庭園」です。
お庭のお手入れ「植木1本」からお任せください!

 

いっぺんに全部やる必要はありません。

樹木によって時期をずらすのが庭園管理の基本です。

予算の中で出来る限りお手伝いさせていただきます。

ぜひ、一度ご相談ください。(お見積もり無料です。)

神奈川県三浦市初声町和田3064−5

植匠庭園 TEL: 080-5645-0902

 代表 廣田 直樹(ヒロタ ナオキ)

 


お庭について

お庭の本来の姿を取り戻し価値を上げる。

お庭の価値は、時が経過したという理由で下がるのは間違いだと思います。正しいお手入れを行うことにより、価値が出ます。バランスの崩れたお庭を整えるには少なくとも起動に乗せるまで3年程かかります。私ども庭師は、目に見えた今の状態をクリアするだけのお手入れではなく、「自然を理解し計画を持ってお手入れする」ことが大切だと考えています。

「時とともに庭が古くなるではなく、時とともに庭の緑の深みが増す」と考えています。

 

 

 

 

 


暖かくなり寒い間に活動を休止していた草木が一斉に芽吹き、観る人の目を楽しませてくれる季節です。

4月 気温の上昇と共に、害虫の活動も活発になります。新芽を食い荒らすハムシ類には注意が必要です。
庭木を慎重にチェックして、早期発見・早期駆除をしましょう。

 

 


2019年 謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

 
皆様におかれましては健やかに新年を迎えられたことと心よりお喜び申し上げます。

旧年中は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございました。

これからも人と人とのつながり、ご縁を大切に日々精進し、培った庭師の技術を最大限に活かし、お客様のご期待に沿えるよう頑張ってまいります。

本年も変わらぬお引き立ての程、心よりお願い申し上げます。

 

~出会える全てのご縁に心を込めて~

2019年 元日

植匠庭園 代表 廣田 直樹

 

 


植匠庭園の心得

お客様への感謝の気持ち

親切・丁寧を第一に心がけております。

 

伝統ある庭師の誇り

庭師の名に恥じぬよう精進いたします。

 

迅速かつ丁寧な仕事

庭、植木のプロとして、妥協はいたしません。

 

臨機応変な対応力

さまざまなご要望にお答えします。職人の団結心一丸となって仕事に取り組みます。

出会える全てのご縁に心を込めて

植匠庭園 代表 廣田 直樹

 


お任せ下さい!

「安心・親切・丁寧」お客様のご意見を第一に作業を進めてまいります。
安心=安心な作業、安心でおまかせできる植木屋
親切=親切な気遣い、親切な対応
丁寧=丁寧な仕事、丁寧な対応
植木屋はサービス業です。お客様のお気持ちを第一に作業を進めてまいります。
街の頼れる植木屋を目指して日々努力をしていきます。

お客様のお庭が素晴らしいものとなるよう真心を込めて作業をいたします。

 

お庭のお手入れ、年間管理、企業.店舗.マンションの緑地管理、剪定、伐採、草刈り、刈込み、その他なんでもご相談ください!

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 


草刈の重要性

雑草放置による3つの被害

1 健康被害

アレルギー

花粉症の原因となる「ブタクサ」などを代表に、雑草の中にはアレルゲンとなる物質を持った種類があります。思いがけない雑草がアレルギーを引き起こしている場合もあり、自分の健康を害するだけではなく、近隣の方にまで被害を与えてしまうこともあります。

喘息

雑草の粒子や草場に生えたキノコの胞子が喘息被害を引き起こしてしまうケースもあります。細かい粒子による被害になりますので、風に乗って影響拡大しやすい被害でもあります。

2 環境被害

害虫被害

雑草は害虫にとって餌場であり、そして隠れるスペースでもあります。「庭伝いにダニが入ってきた」、なんて覚えのない苦情を受けた時には草刈りを考えてみてはいかがでしょう。害虫の種類によって被害は異なりますが、中にはマダニのように重篤な病気の感染源となる害虫が繁殖する場合があります。

臭害

雑草の中には「におい」を発生させる種類もあります。良い「匂い」の雑草ならまだしも、ドクダミやキマケンのような、くさい「臭い」の雑草も多く繁殖します。

3 防犯・防災の阻害

治安悪化

草が伸び放題の地域は印象も悪く、治安が良くないというウワサも生じやすくなります。そのため、町内管理者から周辺の治安維持のために草刈りを依頼される場合もあります。伸びきった草花は不審者の姿を隠し、立ち枯れ状態の草木は小さな火種でも燃焼します。もちろん、周辺の治安だけでなく、住居の防犯のためにも草刈りは有効です。

避難場所

災害時に避難経路に指定されている場所では、環境保全の目的だけでなく、安全管理の面でも草刈りをする必要があります。災害時は火災の延焼や急な地震などの際に避難経路内の空き地に避難することも考えられます。

 

 


常緑樹

常緑樹の強剪定 

庭木は剪定をせず放っておくと急激に大きくなります。それを防ぐ為にこまめな剪定をし、樹形を保つのですが、既に大きくなったものは強剪定という方法で小さくします。
この時期は、クロガネモチ・カシ・クス・モクセイ・サザンカ・ツバキなど常緑樹の強剪定が出来る時期です。
(落葉樹は、冬の休眠期に行います。)
まず芯を止め背丈を縮めます。思い切って鋸で切り詰めてしまう事も出来ます。
枝も切り戻すとまた新しい枝葉が出ます。 

 

 

 


冬の庭木剪定

落葉樹の場合、4月~5月上旬は活動が盛んなので、内部に養分を含んだ樹液を溜めています。もしこの状態で剪定をすると、切り口から樹液が流れ、落葉樹の成長が悪くなってしまいます。また、7月~8月は太陽の強い日差しが枝の幹に当たり、庭木が弱くなっているので、外部からの刺激で庭木が傷んでしまいます。ですが、冬の休眠中は、外部による影響が少ないので、この時期に枝を幹から切り落としても、庭木は傷みにくくなっています。逆に常緑樹は一年中葉を保っており、冬になっても休眠に入ることがないので、剪定を行うと、傷みが発生しやすくなってしまいます。ですから、冬に剪定する場合は、枝先の部分を切り落とすだけに留め、枝を切り落とすのは3月以降が良いでしょう。

 


謹賀新年

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も、皆様にご満足いただけるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
年頭にあたり皆々様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

平成三十年 元旦

植匠庭園 代表 廣田 直樹

 


年末のお手入れの時期が近づいてきました。

今年も年末のお手入れの時期が近づいてきました。年末はお庭を綺麗にして新しい一年を迎えたいですね!!小さなお庭も大きなお庭も植匠庭園にお任せ下さい!!段取り良く綺麗に丁寧に仕上げていきます!

ぜひ一度ご相談ください!

 


お問い合わせ


廣田 直樹

植匠庭園
(うえしょうていえん)

080-5645-0902