常緑樹

常緑樹の強剪定 

庭木は剪定をせず放っておくと急激に大きくなります。それを防ぐ為にこまめな剪定をし、樹形を保つのですが、既に大きくなったものは強剪定という方法で小さくします。
この時期は、クロガネモチ・カシ・クス・モクセイ・サザンカ・ツバキなど常緑樹の強剪定が出来る時期です。
(落葉樹は、冬の休眠期に行います。)
まず芯を止め背丈を縮めます。思い切って鋸で切り詰めてしまう事も出来ます。
枝も切り戻すとまた新しい枝葉が出ます。 

 

 

 


お問い合わせ


廣田 直樹

植匠庭園
(うえしょうていえん)

080-5645-0902