草刈の重要性

雑草放置による3つの被害

1 健康被害

アレルギー

花粉症の原因となる「ブタクサ」などを代表に、雑草の中にはアレルゲンとなる物質を持った種類があります。思いがけない雑草がアレルギーを引き起こしている場合もあり、自分の健康を害するだけではなく、近隣の方にまで被害を与えてしまうこともあります。

喘息

雑草の粒子や草場に生えたキノコの胞子が喘息被害を引き起こしてしまうケースもあります。細かい粒子による被害になりますので、風に乗って影響拡大しやすい被害でもあります。

2 環境被害

害虫被害

雑草は害虫にとって餌場であり、そして隠れるスペースでもあります。「庭伝いにダニが入ってきた」、なんて覚えのない苦情を受けた時には草刈りを考えてみてはいかがでしょう。害虫の種類によって被害は異なりますが、中にはマダニのように重篤な病気の感染源となる害虫が繁殖する場合があります。

臭害

雑草の中には「におい」を発生させる種類もあります。良い「匂い」の雑草ならまだしも、ドクダミやキマケンのような、くさい「臭い」の雑草も多く繁殖します。

3 防犯・防災の阻害

治安悪化

草が伸び放題の地域は印象も悪く、治安が良くないというウワサも生じやすくなります。そのため、町内管理者から周辺の治安維持のために草刈りを依頼される場合もあります。伸びきった草花は不審者の姿を隠し、立ち枯れ状態の草木は小さな火種でも燃焼します。もちろん、周辺の治安だけでなく、住居の防犯のためにも草刈りは有効です。

避難場所

災害時に避難経路に指定されている場所では、環境保全の目的だけでなく、安全管理の面でも草刈りをする必要があります。災害時は火災の延焼や急な地震などの際に避難経路内の空き地に避難することも考えられます。

 

 


お問い合わせ


廣田 直樹

植匠庭園
(うえしょうていえん)

080-5645-0902