造園、外構工事もお任せください。

造園設計施工外構工事一式お任せください。

ぜひ一度、植匠庭園へお気軽にご相談ください!

 


一生のお付き合いをさせて下さい。

 今まで依頼していた造園業者さん。

長年の「お付き合い」の部分もあってなかなかお断りしにくいものです。

 でもこの不況下で、「頼んでいる植木屋さんの料金が年々高くなっている…」や「年々、来る職人さんの人数や日数が増えている…」なんてお話もお客様から聞きました。

不況のツケをお客様にまわされてはたまりません。

「お付き合い」も必ずしもプラスに働くとは限らないものですね。

 まずは弊社、植匠庭園にお見積もりをご依頼いただけないでしょうか。

 私、廣田がお見積もりの時から「お客様のお庭と、生涯お付き合いをさせていただけるように」そんな気持ちでお伺いさせていただきます。

 ぜひ、ご連絡をお待ちしております。

お庭のお手入れ、庭園管理、年間管理、庭木剪定、伐採、芝刈り、草刈り、刈込み、植栽、芝張り、マンション、店舗、企業の緑地管理、空き家、別荘の管理、その他なんでもご相談下さい。

三浦市、横須賀市、葉山、逗子、鎌倉、藤沢、横浜その他エリアも対応いたします。

 

 


植物がいきいきとしたきれいなお庭を維持するために

「庭の手入れをまったくしていなくて、雑草も枝木も伸び放題。どこから手をつけたらいいか分からない…」「定期的な庭の手入れをお願いしたい」このようなお客様はぜひ植匠庭園にご相談ください。
植匠庭園では単に枝木を剪定するだけでなく、植物の成長に合わせて最適な季節をご提案し、お客様がお手入れしやすいよう、剪定方法を工夫しています。見た目だけでなく、植物がいきいきと育つようお手入れいたします。お気軽にご相談ください。

庭木の剪定  庭木の消毒  施肥  芝刈  草刈
刈込  植木のご提案  お手入れアドバイス 

その他、なんでもお気軽にご相談ください。

三浦市 横須賀市 葉山町 逗子市 鎌倉市 藤沢市

横浜市 その他のエリアもご相談ください。

神奈川県、東京都、千葉県エリアの仕事もしています。

マンション 店舗 企業の緑地管理 年間管理もおまかせください。

庭園管理 庭手入れ 植木 庭木剪定 伐採 草刈り

植栽 病害虫駆除 蜂の巣駆除 

 

 


冬の剪定

「落葉樹」は11月から次の年の3月頃まで葉を落とし休眠状態になるので、強く切る剪定をしても樹木に深くダメージを与えないで剪定を行えます。

切ったところから枯れやすい「落葉樹」、特にサクラをこの時期に剪定して癒合剤を塗布しておけば腐れがない状態にしておくことができます。「桜切る馬鹿・・・」と言われますが、時期を間違わないで剪定すれば大丈夫です。ほかの「落葉樹」も同じなので、冬の剪定が良いです。

1年中落葉しない「常緑樹」の場合ですが、真冬ではなく、3月から6月や秋頃の9月から11月が良いです。

 


謹賀新年

謹んで初春のお慶びを申し上げます。

本年も一層のサービス向上を目指し、
誠心誠意努める覚悟でございます。
何卒、本年も昨年同様のご支援を
よろしくお願い致します。

2017年  元旦

植匠庭園   代表  廣田直樹


感謝

本年中は格別のご愛顧を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。
来年もより一層のご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
来る年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

平成28年  12月29日

植匠庭園 代表   廣田 直樹

 


新年に向けてのお庭のお手入れ

大切な庭木が無事に冬を越せるよう、この時期にしっかりお手入れしてあげましょう。
ご自分でのお手入れが難しいときは、ぜひ植匠庭園にご相談ください!

 

 


11月の庭木入れ

庭木の手入れ

これから気温の低下とともに活動も低下します。この時期が整枝・剪定の最も適した時期と言えます。1年のしめくくりとして整枝・剪定をしましょう。

松の手入れ

松の剪定は、年2回が基本になります。11月頃になると、枝の下の古い葉を手でしごく剪定、「もみあげ」の季節になります。
マツは、日当りを好む常緑樹です。この「もみあげ」は、古い葉をしごき取ることで、下の枝に日を差し込みやすくするために行う大事な剪定作業になります。

水やり

土が乾燥していれば午前中に水やりをします。

予防消毒

春に向けての予防消毒です。樹の休眠期に樹についている虫の卵や菌を退治します。
これを行っていると暖かくなってくる春以降に害虫で悩む事がグッと減ります。

寒肥

寒肥は、12~2月頃の寒い時期に与える肥料(有機質肥料)の事です。

寒い冬の間、樹は休眠期になりあまり成長が見られませんが、この休眠期中に肥料を与えておく事で春の成長期を迎えた時に丁度肥料が効きやすい状態にしておきます。

春になり芽吹き、葉の茂り方に大きく影響しますので庭木を美しく健康的に保ちたい方には欠かせない作業です!

★断根効果にも期待
寒肥の際に穴を掘りますが、どうしても根が一部切れてしまいます。でもご安心ください。
切れた事により栄養を吸収しやすい新しい根が生まれ、より寒肥の効果もアップします。

 


伐採 伐根

伐採・抜根
根元から木を切り倒すことを伐採といいます。大きくなりすぎてお手入れできない不要木や、枯れや台風などによる倒木の危険から守るのに必要な作業です。大事にされていた植木でも、大きくなりすぎればお手入れ費用はかかりますし、枝や枯れ葉などでご近所さまにもご迷惑をかけることもございます。また根ごと抜く作業の抜根も承っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

 


雑草にお困りではありませんか?

雑草対策

防草シート 不織布で作られた防草シートを張ってから、砂利を敷きます。防草シートを敷くと、太陽光が地面に当たるのを遮断するため、植物の光合成が抑えられます。また、雑草の種子が飛んできてしまっても地面に定着するのを避けることができます。防草シートの上には砂利を撒いて、雑草が発芽するのを抑えます。

 

防草土  花崗岩の風化した真砂土に少量のセメント、混和剤を配合して作られた防草土を敷きこんで、雑草を生えないようにする方法です。砂利と違って、飛び散ったりすることもありませんし、将来的に砂利を撤去したくなって処理に困るというようなことも避けられます。

雑草にお困りならおまかせ下さい! ぜひ一度ご相談ください。

 


お問い合わせ


廣田 直樹

植匠庭園
(うえしょうていえん)

080-5645-0902